スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの黒歴史。

またお里に顔を出しに行ったバロン。そして口々に言われる「でかい」
体重が重たい上に爪が伸びてきているために手が開いてきてしまいました前回、次に会う時までにナイスバディなバロンをお見せするという約束をしていた私たち。あっけなくその約束を破る運動が出来なかった分ご飯を少し控えるべきだった。体重が重たかったから余計に足に負担がかかっていたのかもね・・・。ごめんよ、バロン。
042.jpg

話の中で「今は体も顔も一番アンバランスな時ですよ」と言われました。
・・・(゚Д゚)ハッ!もしかして前回記事の最後の写真、鼻の穴が広がってブサイクだった訳じゃなかったのかブサイクに見えたのは気のせいじゃなかったのか・・・(´ω`)ドーベルにもブサイクな時があるんだ
スムースは飼ったことがないからわからないけれどロングコートチワワにはブサイクな時があります

リクの黒歴史 画像が粗いまだ350万画素が最高画質な時代の写真技術の進歩ってすごいなぁ。
image005.jpg116.jpg
私はロングコートチワワを迎えたはずなのに待てど暮らせどロングコートになってこないリクスムースだったんじゃないの?って思うほどツルッツルでした耳も垂れたまんまだったし体も弱いしで心配だらけだったこの頃右の写真は低血糖で倒れなくなり、耳も立ち、毛もようやく伸び始めた頃。タヌキさんみたいな感じでした

レンの黒歴史
088.jpg331838023_86.jpg
リクとは対照的にレンの子ども時代は毛玉が歩いているんじゃないかと思う位のふさふさの毛めちゃくちゃ可愛かったんですどっこい暫くすると子犬のモコモコした毛が抜け始めたとたんめちゃくちゃブサイクにどこに毛を置いてきたああああなんて言っていました。「そこだよ・・・」部屋中に落ちてる毛。モコモコで可愛いんだからわざわざ抜け変わることないのにと思ってましたレンは今見ても誰って感じの変わりよう

ゴウの黒歴史
1322373734_250.jpg1053.jpg
ゴウは6ヶ月でうちに来たので小さい頃の写真はありませんが、左の写真はうちに来た当日耳が垂れてしまっていてもう6ヶ月だし立たないかも・・・と思いつつ諦めきれずにテーピングで固定していました立ったと思ってもなぜか眠いとまぶたと一緒にお耳も垂れてくるという不思議耳の持ち主毛もスカスカで凄く幸薄そうやたら痒がったりするもので、ゴウに合うフードやシャンプーを探していた頃でした


それぞれの子たちで当時はとっても悩んだものです(-ωー)当時も今も変わらない事は、うちの子はブサイクでも可愛いということ毛が薄かろうが鼻の穴広がってようが半目で寝てようがお前たちは最高に可愛いよチワワの抜け毛も半端ないけどドーベルの抜け毛もなかなかのものですな人間の抜け毛が落ちてると嫌だけど犬達の抜け毛が落ちてたらむしろ愛おしいと思うのはなんでなんだろう(´ω`)抜け毛さえも可愛いという、なんとも罪作りな奴らです

数年後、バロンの写真を見て「超ブサイクウケルんですけど」とか言ってるんだろうか。
036.jpg
うん、間違いなく言ってるなこれも酷い顔ごめんごめん、これはシャッターが眩しかったからだよね今がバロンの黒歴史写真になるんだいっぱい写真撮っとこ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

せぇらっち

Author:せぇらっち
チワワとドーベルと暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。