スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿道結石

ゴウが尿道結石になりました。
穴を掘るしぐさをしてみたりどうも落ち着かない様子で。ぼーっとたたずんでみたり時々鼻鳴きをしてみたりなんか変。お鼻は濡れているし食欲もあった。便もしっかりしたものだったし・・・。でも色々考えているうちにそういえばおしっこが全然出ていない事に気がつきました。兄ちゃんチワワに比べてマーキング癖のない子なので、1日にするおしっこの回数は3回程度。それを全くしていなかった。
P1000702.jpg
慌てて病院へ連れていきレントゲンを撮ると尿管に詰まった石が真っ白く見えました。管を通しておしっこと石を出すからと言われ、丸一日おしっこが出ていないので尿毒症になっている可能性もある。なんで一日気付かなかったのかなぁ。と言われました。思い返せば沢山出ていたサイン。滴がついていたりしていたので気にも留めていませんでした。痛いの我慢して絞り出したのがその滴だったんだよね。夕方も心なしか元気がなかったのに眠いのかななんて勝手に思ってた。夜バロンの散歩に行った時に家を出てすぐに「にゃおおおおん」と遠吠えしたゴウ。普段より声が大きかった。おしっこしようとして痛かったのかな。悲鳴だったんだよね。早朝に散歩しても立ち止る事が多かったのに「なんか考え事してるの?」なんて言ってた。全部気に留めてなかった。

待合室では先生がゴウにかかりっきりになっているため何時間も待っている方たちがいました。中には明日来ますと言って帰ってしまう方も。私が座ると聞こえるように「先生はここの子につきっきりだからうちは2時間も待ってるのよねー」と話している方がいらして「すみません」と謝りました。他の具合の悪い子たちを待たせてしまっている事、先生に言われた「なんで気付かなかったのかなぁ」という言葉とゴウのサインを見逃していた事に申し訳ない気持ちと後悔で泣きそうになりました。そんな時病院の電話が鳴り、先生が「出なくていいこっちが先、早くして」と怒鳴っているのが聞こえて、ざわついていた待合室が静まり返り電話の音と慌ただしく動いている音だけが聞こえ、誰も喋らない状態が続きました。暫くするとさっき言ってきた方が「そんなに悪いの?」と聞いてきました。私をかばってくれるようにずっと待っていたご夫婦が「尿道結石ですよね、人間でも凄い痛いみたいだから犬でも痛いんでしょうね・・・。ここの家の子は小さいけど鳴かないで頑張ってますよね」と言ってくれ、待合室は一気に尿道結石の話題になりフードを変えた方がいい事や、近所の犬も尿道結石になり手術をした話などをしてくれ皆さんがゴウと私を気遣って下さいました。
先生が「出てきた―ー」と言った時には皆さんが喜んでくれて。ゴウが血液検査や尿検査をしている間に他の子たちを診て、皆さん帰り際に「お大事にしてね」と言って下さいました。

詰まっていた石を超音波で砕きある程度出た様子。でも血液検査の結果が悪い。血圧も異常に低いし石もまだ取りきれていない、フードも吐いてしまうので入院を告げられました。腎臓を悪くしている可能性も捨てきれない。点滴の管を入れられたゴウは目に力が無かった。経過が良ければ夜には管は全部とるし明日には帰れるからと言われました。お願いします、と言い待たせてしまった方たちにすみませんでしたと言って帰ってきました。帰ってきたらチビたちにいつもより念入りに臭いチェックをされ、ゴウを探している様子でした。「ゴウは今日帰ってこないよ、悪い所治して元気になって帰ってくるからね」チビたちに説明しましたが、自分に言ってるように思えました。チビたちを2階に残し1階でバロンのご飯の用意をしに行くと一人になったせいかいろいろな事を考えてしまう。誰がかけてもダメなんだ。誰が居なくなってもダメなんだ。涙が止まらず、大泣きしました。あんなに泣いたのは久しぶり。チビたちに心配かけてはいけないと普段通りにしていましたがチワワズには私が泣いていた事は悟られたようでした。普段より甘えてきて「俺たちも傍にいるよ」って言われている気がしました。犬って凄いな。バロンには犬パンチをくらい全体重をかけタックル。「うげっ」倒れこむ私に最後は髪を鼻でかき分けられクッシャクシャにされてドヤ顔。体育会系かでもおかげで暗い気持ちを引きずらないですみました。やっぱり犬って凄いな。そうは言っても事あるごとにゴウを思い出し寂しくないかな、痛くないかな。なんて考えていました。結石の事をネットで調べて運動不足が関係しているかもしれないという事が解りました。ゴウは家にいると人にくっついたまま動かない。兄ちゃん達が遊びに誘ってもお腹を見せておしまい。ドッグランにいてもほぼ動かないし散歩もすぐへばってしまう。明らかに運動不足。散歩ももうちょっと長めにしなければダメか。

翌朝病院に電話をかけてみると経過は良好で管は全部外れたけれど自力でおしっこが出ていなく、それができるまでは心配なので夕方のお迎えにしてくださいとのことでした。元気ですと言われて安心しました。
その後おしっこも自力したのですが石は出きれていないのでまだ残った状態。詰まったらすぐに病院へ行かなければいけない状態ですが無事にゴウは戻ってきました。ご飯もよく食べニコニコです

先生が帰り際に、「凄い声で鳴くんですね」と言ってきました。「もしかしてにゃおおおおんですか?」と真似すると「そうそれ!最初聞いた時何Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)!!!誰ってなりました」とおっしゃっていました。鳴き声が変だという事を言っておけばよかったΣ(ノ∀`*)「どんなに痛い治療でも鳴かなかったのに寂しくて鳴いたみたいです、近づくとゴローンってお腹を見せていて。チワワで噛みつかない子久しぶりだったので可愛くて仕方なかったです」と言って下さいました。リクとレンだったら噛んでしまっていたかも。ゴウは痛い治療にも耐えたんだね。偉いよ暫くは病院通いとご飯はずっと同じものでおやつも禁止。楽しみが少なくなっちゃったけど先生の言う事を聞いて長生きしようね。二度と詰まって痛い思いしないようにしよう。ごめんねゴウ。
003 (2)
長いのに目を通していただいた方、ありがとうございますゴウは元気にしていますよ
スポンサーサイト
09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

せぇらっち

Author:せぇらっち
チワワとドーベルと暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。